PC、スマホばかり見てると二重あごになる!

2015年11月20日


暇さえあれば、パソコンやスマートフォンを見ていませんか? 実はこの生活習慣が「二重あご」を生んでしまうことになるかもしれません。パソコンやスマホに夢中で、じっと同じ姿勢で画面をのぞいている人は、要注意です。

あごには「オトガイ筋」という、あごをあげる筋肉があります。首がいつも同じ状態でいると、この筋肉が硬くなって、衰えてしまうことにもつながります。すると、あごが持ち上がらなくなり、二重あごに。

とくにスマホをのぞくときは、常に下を向いてしまい、その姿勢では「オトガイ筋」は衰えて肩や首周りの筋肉が緊張し、下に向けた頭のバランスを、首ではなく、あごで支えようとしてしまいます。すると、あごの筋力は衰えながらも、あごに肉が集まってくるという結果になって、二重あごになってしまいます。

そしていずれは、下を向いた状態でなくても、常に二重あごという悲劇を生んでしまうのです。

■ストレッチがかなり効果あり

しかし、二重あごが怖いからといって、スマホを使わないなんてことはできませんよね。そんなときはストレッチをするだけで、二重あごを予防することができます。長時間、スマホをのぞいていたなと思ったとき、デスクワークでパソコンをずっと使っていたとき、このストレッチをするだけで、速攻効果が得られますのでぜひお試しを!

やり方は簡単、顔をゆっくり天上に向けるだけ。できるだけ下あごを天井に向けるようにしてください。すると、あごからのどにかけて引っ張られ、皮膚が伸ばされている感じがします。この状態を数秒間キープするだけ。元に戻したら、下あごから首筋、肩にかけてリンパを流すように指で軽く押してマッサージしてください。

ポイントとしては、天井と顔を水平にすること。そして、天井を向いたときに下あごを突き出して、肌を引っ張ることです。ただし、あまり無理をすると首を痛めてしまうことになるので、引っ張られている感覚があれば十分です。

たったこれだけのことで、二重あごを防ぐことはできますし、鏡を見れば分かりますが、マッサージ前とマッサージ後であごがすっきりした印象に。ずっと首を動かしていない、肩が凝ってきたと感じたら、すぐにやるようにしてください。

最近あごがたるんで、下を向くと二重あごのようになってしまうという人は、このストレッチを定期的に行うことがおすすめです。