他人からはよく見られるのに、自分ではあまり意識しない「こめかみ」

2016年10月17日


女性の横顔

こめかみがくぼんでいると年齢以上の年に見られてしまったり、疲れているような印象を与えてしまいがちです。Sライン(おでこから頬骨にかけてのライン)の美しさは美人の条件と言われるほど、顔の印象をぐっと変えます。つまり、こめかみに張りがあるかないかは、顔の印象を決める大事なポイントと言えるのです。

このコラムで解説していること

  1. 日本人に多い、こめかみのくぼみ。その原因とは?
  2. こめかみチークで、こめかみ美人を目指そう!
  3. それでもやっぱり「くぼみ」が気になる人は・・・

■日本人に多い、こめかみのくぼみ。その原因とは?

日本人はこめかみがくぼみやすい骨格です。というのも、こめかみのくぼみは遺伝的要素が大きく、親がくぼんでいる方は、子もくぼみやすいという傾向があります。
こめかみとは「前頭骨・頬骨弓・頬骨眼窩突起」という3つの飛び出た骨に囲まれています。こめかみには咬筋や脂肪がありますが、年齢を重ねることでその咬筋や脂肪が減り、こめかみのくぼみが目立ってしまいます。また、加齢とともに肌の弾力も失われます。そういった理由から、日本人はこめかみのくぼみに悩まれる方が多いのです。

■こめかみチークで、こめかみ美人を目指そう!

こめかみがいかに顔の印象を変えるかに注目が寄せられるなかで、今話題を集めているのが「こめかみチーク」です。
目の下に入れるチークは、どうしても子どもっぽい印象を与えてしまうので取り入れにくいと感じる女性も多いですが、この「こめかみチーク」は、大人っぽさを残し、普段のメイクに取り入れやすいと好評です。
やり方は簡単。頬骨の高い部分からこめかみにかけて「く」の字を描くようにチークを入れるだけ。輪郭がシャープになり、また小顔効果もあります。ポイントは、あまり濃く描かずふわっと色づく程度に入れること。大人の印象を演出でき、こめかみ美人を演出できます。
こめかみのくぼみが気になる方はぜひ、こめかみチークにトライしてみてください。

■それでもやっぱり「くぼみ」が気になる人は・・・

メイクでも隠しきれないこめかみのくぼみを解消したいなら、ヒアルロン酸注入をおすすめします。
10分ほどの施術で、約1年間効果が持続し、2~3年かけて徐々に体内に吸収されます。
こめかみへのヒアルロン酸注入は、髪の生え際から行うため、傷跡も目立ちません。ヒアルロン酸はもともと体内にある成分のため、アレルギー検査をする必要もありません。安全性が高い分、手軽に施術できます。
また、こめかみにプロテーゼを挿入するという方法もあります。これはこめかみの生え際から数センチほど後方の部分を2センチほど切開し、骨と筋肉の間にプロテーゼを挿入させます。プロテーゼを挿入すると、半永久的に効果が持続し、自然で若々しい顔立ちにしてくれます。
自分では意識しなくても、他人からよく目につくこめかみ。今まで意識していなかった人は、自分のこめかみを一度チェックしてみましょう。

自分ではなかなかチェックしにくいこめかみですが、ヒアルロン酸注入なら手軽に理想のこめかみになることができます。この機会にトライしてみてはいかがでしょうか。