男受けする顔って、どんな顔?

2017年10月19日


Dr.高須幹弥

顔の美容整形のご相談を受けていると、女性の方からはよく「男受けのする顔にしたいのですが、どうしたらいいでしょうか」「男性の好む顔はどういうものですか?」といったご質問をいただきます。
「男受けのする顔」は、雑誌やテレビなどのメディアでもよく聞く言葉です。しかしそれは、具体的にどのような顔のことを言うのでしょう。改めて聞かれてみて、どんな顔か皆さんははっきりと思い浮かぶでしょうか?
では私の考えですが、「男受けする顔」について書き出してみたいと思います。

■「男受けのする顔」とは

そもそも男受けのする顔とはどういう顔でしょうか。
私が考えるに、男性は一般的に、派手で気が強そうな女性よりも、清楚で大人しい・おしとやかな女性を好む方が多いです。

勿論、気が強い女性やモデルのような美しい女性、幼く見える女性など、多種多様な好みがあるとは思いますが、ここでは一般的に一番多いと思われる女性像で考えたいと思います。

では「清楚でおしとやかに見える顔」になるにはどうしたらよいか。
ポイントはふたつです。
まずひとつ、もともとの顔に合った、自然で似合う仕上がりの整形をすること。
もうひとつは、整形で手を入れるのは必要最低限にすること。以上です。

えーっ、鼻や目を弄って可愛くしなくてもいいの!?と思われるかもしれませんが、しっかりパッチリ二重やスッと通った鼻筋にしなくても、これで充分男受けしますよ。

■「女性受けする女性の顔」もあります

ちなみに、若い女性の患者様のご希望を伺っていると、女受けする顔というのもあります。

例えば、二重は平行型・鼻は下向き・鼻の下が長すぎるのはイヤ・つり目はキツそうに見えるから避ける・あごがしっかりと出ている・顔が左右対称でバランスが取れている……などなど。女性の方は何となく共感できるのではないでしょうか。

実はこれらを満たす顔というのは、女性に人気のある女性芸能人の特徴にもあてはまります。まさに「女性受けする顔」と言えますね。

■可愛くて、その女性に似合っているのが一番です

しかしながら、この「女性受けする顔」の各パーツ、実はほとんどの男性にとってはどうでもいいことで、細かく見ている人は少ないでしょう。
男性は、全体的に清楚そうで、可愛いもしくは美人であれば、多少つり目でも鼻が上を向いていても、左右が非対称であっても顎がつるんとしていても、全く気にしないのです。

ですから、男受けを考えるのなら、「女性に受ける顔」で考えないようにしましょう。
自然で可愛く、本人に似合っている顔が、一番男性受けも良いですよ。

高須クリニックの「小顔」について詳しく知りたい方、メール相談をしたい方はこちらから!