髪型に似合う顔と、顔に似合う髪型

2017年9月22日


Dr.高須幹弥

テレビや雑誌、はたまた道行く人を見て、「あの髪型、素敵だな」と思った経験のある人は少なくないでしょう。ところで、その素敵な髪型は、髪型だけが素敵なのでしょうか?それとも、その髪型をしていた人の顔に似合っているから素敵なのでしょうか?今回は顔と髪型の関係に触れます。

■広瀬すずも髪型に助けられている!?

人がやっているのを見た時は素敵だったのに、いざ自分がやってみると、なぜかいまいち似合わない髪型に…そんな経験はありませんか?そもそも髪型の似合う・似合わないは一体何で決まるのでしょう。

髪質や髪の生え方といった問題もありますが、一番のポイントは「髪型でその人の顔の欠点が隠れるかどうか」ではないでしょうか。

例えば、今人気の若手女優、広瀬すずさんのトレードマークともいえるショートボブスタイル。実はあの髪型が似合うのは、顔の輪郭に少々難ありの人なのです。広瀬すずさんはとっても愛らしいお顔ではありますが、少しエラの張った、どちらかと言うと下膨れの輪郭をしています。その彼女がショートボブの髪型で顔のサイドを隠すことで、下膨れの顔をシャープで、より魅力的に見せているのです。もちろん、あのかわいらしさですから、ほかの髪型だって似合わないわけではありません。けれども、彼女にはショートボブが一番しっくりくる。それは彼女の欠点を最もスムーズに隠してくれる髪型だからなのかもしれませんね。

■顔と髪型の関係は、顔がニワトリで髪型が卵

つまり、似合う髪型というのは、その人の欠点を上手に隠し、むしろ欠点を魅力に変えている髪型といえるでしょう。髪型が素敵に見えるのは、その髪型がその人の欠点を魅力に変えているから。ですから、同じような顔のコンプレックスを持った人が髪型をまねすれば、同じように似合うものの、コンプレックスが異なる人の場合は残念ながら似合わない…。これが髪型の似合う・似合わないの真相ではないでしょうか。

このように、顔と髪型の関係はニワトリと卵の関係に似ています。顔がニワトリで、髪型が卵。顔が決まれば、髪型も自然と決まってきます。

中には「あの髪型にしたいから、美容整形をしようかな…」なんて考えている人がいるかもしれませんが、髪型はあくまでも卵。親であるニワトリ=顔が決まることで、自然と決まっていきますので、もしも髪型ありきで美容整形を考えている人がいたら、ぜひその発想を逆転して、まずはなりたい顔のイメージを考えるようにしてください。

高須クリニックの「小顔」について詳しく知りたい方、メール相談をしたい方はこちらから!