リフトアップ手術をして、つり目になったりしませんか?

2017年10月10日


Dr.高須幹弥

リフトアップ手術をしようと考えている方によく聞かれるのが、「リフトアップで顔を引き上げると、目や眉まで一緒に吊り上がってしまいませんか?」という疑問です。
リフトアップは施術によって皮膚を上に引き上げるので、確かに目まで引き上げられ、つり目になってしまいそうな印象を受けますね。
リフトアップはしたいけれど、目までつりあがってキツい印象になってしまっては困ります。
それでは実際はどうなのか、施術ごとに説明してみましょう。

■切開するリフト(ミニリフト・ミディアムリフト・フルフェイスリフト)について

ミニリフト・ミディアムリフト・フルフェイスリフトなどの、皮膚を切開して引っ張りあげる系のリフトアップ手術に関しては、顔の下半分を持ち上げるため、目がつりあがることはありません。
つり目になるというよりも、むしろたるんだ目尻が上がって、若返って見えるくらいかと思います。

ただし、リフトアップ手術があまり上手ではない医師に施術を受けると、本当に目がつりあがってしまうケースもあるので注意が必要です。
高須クリニックでは技術のある医師ばかり揃っていますので、そのようなことは起こりません。どうぞご安心ください。
(術後一週間くらいは腫れのせいでやや目がつり上がることもございますが、必ず戻るので心配はいりません)

■糸のリフト(イタリアンリフト・ゴールデンリフト)

皮下に糸を入れてリフトアップを促すイタリアンリフトやゴールデンリフトの施術に関しては、目の形には全く影響しないので心配は無用です。

■照射系(サーマクール・ウルセラ等)

サーマクール・ウルセラなどの照射系の施術の場合、顔が引き締まることにより目の開きがよくなって、大きく見えるようになることがあります。
しかしつり目になることはありませんので、ご安心ください。

■額リフト・ポニーテールリフト・こめかみリフト

髪の生え際や髪の中を切開してリフトアップする、額リフト・ポニーテールリフト・こめかみリフト等に関しては、顔の上半分をリフトアップするので、目尻のたるみがきゅっと持ち上がります。
ですがそれは、老化によってたるんだ分を元に戻しているだけですので、本来の自分の顔よりも目がつり上がることはありません。

以上のように、きちんと技術と経験を持っている医師が適切な手術を行えば、リフトアップの施術でつり目になることはありません。
信頼できる医師のもとで、安心してリフトアップの施術を受けてください。

高須クリニックの「小顔」について詳しく知りたい方、メール相談をしたい方はこちらから!