icon_tit
あご

あご

あごの悩みは、「引っ込んでいる」「突き出ている」「短い」「長い」「二重あご」などさまざま。あごはスッキリと洗練されたフェイスラインを作るのにとても重要なパーツです。いくら目をパッチリさせたり、スッーと鼻筋を通したり、口角がキュッと上がった口元になっても、フェイスラインがぼやけていると全体の印象もいまひとつ。自力であごの悩みを解決する方法と美容整形でしかできないフェイスラインづくりについてお伝えします。

どこでもできるセルフストレッチでスッキリしたフェイスラインに!

二重あごは輪郭の悩みでも多く、実年齢より老けた印象を与えてしまいます。あごがぼやけて見え、顔も大きく見えがちな二重あごの悩みを解決するなら、美容整形以外にも自力で解決する方法が。脂肪や肌のたるみなどが原因の二重あごを毎日のストレッチでスッキリ解消しましょう!

<スッキリしたフェイスラインのためのストレッチ>

1.指先をあごに当て、息を吸いながらゆっくりと頭を押し上げるようにして後ろに倒します。

2.限界まで首をそらせたら10秒キープし、ゆっくりと息を吐きながら元の姿勢に戻します。

3.次に両手を後頭部に当て、息を吐きながら頭を前に倒しきったら10秒キープします。

4.(1)~(3)の動作を5回繰り返します。
 

よくある「あごのお悩み」の原因と改善方法をご紹介!

→ 「二重あご」の原因と、改善・解消方法
→ 「けつあご」の原因とは?
→ 「しゃくれ」の原因と治す方法をご紹介

 

美容整形で解決!

脂肪溶解注射で二重あごをスッキリ!

「メソセラピー」とも呼ばれ、脂肪を溶かす薬剤を注射して体外へ排出することで、脂肪細胞の数そのものを減らすためリバウンドしにくい施術。脂肪吸引と違ってメスを使わないため体への負担も少なく、フェイスラインであれば2~3回の施術で半永久的な効果が。二重あごもスッキリ解消し、シャープなフェイスラインが手に入ります。

突き出たあごを削って短くする骨削り

やぼったく見えてしまう突き出たあごや長すぎるあごの悩みを、骨を削ることでスッキリと洗練されたイメージに変えることができる施術。メスを使い全身麻酔の下に手術を行うため、他の施術に比べてリスクもありますが1度の施術で半永久的な効果があります。口の中を切開して骨を削るため、術後の傷跡も目立ちません。

ヒアルロン酸であごを出し理想のフェイスラインに

引っ込んでいるあごや小さすぎて物足りないあごに、ヒアルロン酸を注射してスッキリとシャープなあごにするための施術。ヒアルロン酸はもともと私たちの体内に存在する安全性の高い成分です。痛みや腫れもほとんどなく、注射1本で手軽に憧れの小顔になれます。効果は1年程持続し、2~3年かけて吸収されてなくなります。

シリコンで美しいあごのラインが永久的に

「シリコンプロテーゼ」と呼ばれ、引っ込んでいて物足りないイメージのあごにプロテーゼを入れて理想のあごを形成し、美しいフェイスラインを手に入れる施術。メスは使うものの口の中を切開するため傷跡も目立たず、1度の施術で半永久的に効果持続。プロテーゼの大きさにより自由にあごのデザインができるのも人気の秘密です。