icon_tit
痩せているのに二重あご?原因により異なる二重あごの解消法

「体重も気になるけど二重あごを解消したい」といった悩みを抱えている人も少なくありません。最近多くなってきたのが痩せているのに二重あごで太って見えるという悩み。どうやら太り過ぎや脂肪だけが原因ではなさそう・・・。そこで、4つの原因別、手軽にできる二重あごの改善・解消方法をご紹介します。まずは二重あごの原因を知ることから始めましょう!

二重あごになりやすい4つの原因

1.肥満

いわゆる脂肪による二重あご。太っている人の多くは二重あごになっていますよね。この状態が続くと「たるみ」や「むくみ」の原因にもつながりますので要注意。また、脂肪が原因の二重あごは「睡眠時無呼吸症候群」を引き起こす可能性もありますので、早めに二重あごを改善する必要があります。

2.筋力の低下

あご周辺、特に「頤(おとがい)」と呼ばれる部分の筋力低下も二重あごの原因のひとつ。筋肉が衰えるとリンパの流れも悪くなり、むくみや二重あごになりやすいとも言われています。ご紹介するエクササイズやストレッチで筋肉を鍛えたり、食事の際によく噛んだりすることで改善できます。

3.姿勢

首が前のめりになった状態だと、あご周辺の筋肉の動きを妨げ二重あごの原因に。多くは「現代病」とも呼ばれる“スマホ”の影響。LINEのやり取りやネットの検索、動画鑑賞などスマホをいじっている時は下を向いた状態で首に負担が掛かっています。この状態が長くなると首周りの血行が悪くなり二重あごになりやすいのです。猫背の人も同じ理由から二重あごになりやすいので、あごの悩みを解消するためにも姿勢には気を付けましょう。

4.骨格・噛み合わせ

歯のかみ合わせが悪い、顎関節が歪んでいるといったことも二重あごの原因のひとつ。また下あごが小さかったり引っ込んでいたりといった骨格が原因となっていることも。

姿勢や噛み合わせなら日常生活、肥満や筋力低下ならエクササイズなど

あなたの二重あごは何が原因でしたか?

原因によって改善・解消方法も違ってきますので、原因を知らなければ二重アゴの悩みを解消することはできません。

姿勢や噛み合わせであれば、日常生活の中で気をつけるようにすることが肝心。痩せているのに二重あごという人は、このタイプが多いので要注意。

肥満や筋力の低下であれば、これからご紹介するセルフ解消法で悩んでいた二重アゴを改善することはできます。ただし、骨格が原因の二重あごに関しては自力で解消することはできません。

急いで二重あごの悩みを解決したいなら美容整形もアリ!

骨格による二重あごの悩みを解決するには、ヒアルロン酸注射やシリコンプロテーゼなどの美容整形術で、引っ込んでいるあごを出すことで改善する方法がおススメです。

また、セルフ解消法は1日や2日ですぐに改善されるわけではありません。「急いで二重あごの悩みを解消したい!」という場合なども、脂肪吸引やメソシェイプなどの美容整形術なら確実に今の状態を改善することができます。

自力で改善する二重あご解消法

原因と解決方法を理解したところで、手軽で簡単な二重あごセルフ解消法をご紹介します。どれもとっても簡単。こんなに手軽な方法で二重あごの悩みが改善されるのですから、是非、毎日の生活の中で習慣化していきましょう!

≪二重あご解消!簡単1分エクササイズ≫

1.口を閉じ、頭を後ろに倒し5秒間天井を見ます。
2.そのままの姿勢で舌を天井に向け突き出し5秒キープ。
3.舌を引っ込めて口を閉じ正面を向きます。
4.(1)~(3)の動作を数回繰り返しましょう。

≪二重あご解消!簡単ストレッチ≫

1.「イー」の形になるよう、左右の口角を思い切り引き上げ5秒キープ。
2.(1)の動作を2~3回繰り返したら、次に斜め上を見て下あごを前に突き出し、首筋が伸びきったところで10秒キープ。こちらも2~3回繰り返しましょう。

いかがでしたか?

どちらの解消法も「たったこれだけで本当に改善するの?」と思うほど簡単ですよね。しかも、わずか1分でできますのでとっても手軽。

また、道具なども必要としないので、お風呂に入っているときや家事の合間など、「いつでも」「どこでも」、手軽に実践できますよね。是非、今日からあなたも自力でできるセルフ解消法で二重あごの悩みとサヨナラし、すっきりとしてフェイスラインを手に入れてくださいね。