icon_tit
おでこ・こめかみ

おでこ・こめかみ

おでこからこめかみにかけてのラインは、顔の中でも華やかな雰囲気を出せるパーツ。「おでこが凹んでる」「平べったい」「広すぎる」「こめかみが凹んでいて老けて見える」といった悩みには、メイクや髪型などを工夫して自分で丸みのあるキュートで可愛らしいおでこを演出することも可能ですが、ヒアルロン酸注入や自分の骨と同化してしまう骨セメント、植毛などの美容整形術で、おでこやこめかみの悩みを解決する方法もあります。

広すぎる、狭すぎるおでこの悩みをカバーする髪型のポイント!

おでこが魅力的な芸能人と言えば歌手の安室奈美恵さん。彼女の場合は顔が小さいから、あれほど堂々とおでこを出しても気になりませんし、むしろ魅力的ですよね。でも、普通はおでこを出すと顔が大きく見えますし、平べったかったり凹んでいたりするとやぼったく老けた印象を与えがち。そこで、おでこの悩みをカバーする髪型のポイントをご紹介します。
<おでこの広さをカバーする髪型のポイント>
前髪を深めにとり9:1で分け、目元ギリギリの長さにすると大人っぽい印象になり、目ヂカラもアップしておでこが気になりませんよ。
<おでこの狭さをカバーする髪型のポイント>
狭いおでこの悩みなら6:4で分け、前髪を長く伸ばし横に流してあげることでおでこの狭さがカバーできますよ。

美容整形で解決!

凹んでいる、平べったいおでこもヒアルロン酸や骨セメントで華やかに!

平べったいおでこや凹んでいるおでこはやぼったく寂しい印象を与えがちです。そんなおでこの悩みには、手軽にできるヒアルロン酸注入でふっくらと丸みのあるおでこにする方法や、人工の骨セメント(リン酸カルシウムペースト)を埋めることで華やかな雰囲気を演出できる方法があり、仕上がりも自然で傷跡も目立ちません。

ヒアルロン酸、プロテーゼで凹んでいる、平べったいこめかみをふっくらと

こめかみが凹んでいる、平べったいという悩みは日本人に多く、老け顔、疲れ顔に見られる原因でもあり、頬骨の出っ張りやエラ張りも目立ってしまいます。そんな悩みには、ヒアルロン酸注入でふっくらと若々しい印象を作る方法やシリコンプロテーゼを挿入することで半永久的な若々しいこめかみにすることも可能です。

広いおでこの悩みも植毛やメソセラピーで解決!

広いおでこにコンプレックスを感じているのは男性ばかりではなく女性でも多く、植毛しておでこを狭くすることで悩みを解決することも可能です。ただし、男性と女性では本来、おでこを狭く見せる植毛法が異なります。女性の場合は、薄くなってしまった生え際などのうぶ毛は頭髪メソセラピーなどである程度濃くすることも。